Kigumi

メンバー紹介member

設計士

  • 01

    鬼束 謙一Kenichi Onitsuka

    みんなと同じよう普通に生活しているのに「息苦しい」そう感じていませんか。気がつけば流行に合わせた住宅を購入し、流行に合わせた生活。周囲を見渡しても多くが同じような住宅、同じような服を着て、モノを購入するなど支払う為に毎日を過ごしている事に気がつくのではないでしょうか。日本にもっと豊かで多様性のある身軽な暮らしをつくりたい。その為に住まいに支払うコストを減らすことから考え、不要なものは排除し、つくらないよう努力する事がこれからの建築と私は考えます。

    合同会社 トーン建築設計事務所

    住所:熊本市東区長嶺南3丁目7-45
    電話:096-200-5864

    Fax:096-201-5864
    Mail:tone@cap.bbiq.jp

  • 02

    谷 良二Ryoji Tani

    シンプルで無駄のない建築を提案します。先ず優先事項は何なのか?限られた時間と予算の中で全力をつくしベストを心掛けています。デザインがゴチャゴチャしたり構造が過剰であったり、無駄に豪華な仕上げにしたりするよりもシンプルで飽きないデザインが望ましい。建築士はいろいろな要望を受け入れ、法令遵守のもと、地域社会に貢献できることに誇りに思います。

    谷良二建築設計事務所

    住所:熊合志市野々島5184番4
    電話:096-242-2642

    Web:https://tanisekkei.jimdosite.com/

  • 03

    高尾 美佐Misa Takao

    板倉建築家、安藤先生設計の住宅を監理、多くの自然素材住宅を手がける。地元阿蘇の身近な伝統工法の家〝古民家〟の修復、移築に携わるようになり、これからの家づくりを確信いたしました。まさに家の地産地消、地球環境に負荷のかからない家づくり、住む人に優しく、住む人とともに年を重ねてゆく家がそこにありました。先人のその知恵に現代の住み手のニーズを取り入れたこれからのすまいのご提案をさせていただきます。

    藤本和想建築意匠設計室

    住所:熊本県阿蘇郡西原村大字布田 834-30
    電話:096-279-1023

    Fax:096-285-7560
    Mail:info@f-waso.com

  • 04

    中島 郁乃Ikuno Nakajima

    無添加住宅で設計担当をし、自分自身も化学物質過敏症の当事者である女性建築士。無添加住宅はただの健康住宅だけでなく、夏や冬も快適で、経年変化が楽しめ、本物にしかない素材感やデザインなどの価値を提供します

    IKUNO 設計室

    住所:熊本市中央区水前寺1-9-11-201
    電話:090-9838-3229

    Mail:ikuno.sekkei@gmail.com

  • 05

    巻 京子Kyoko Maki

    大工としての現場経験、アレルギーを持つこどもの母親として、化学物質過敏症患者本人としてなど、それぞれの経験を活かし、くわくわはこのようなお仕事をしています。
    *こどもたちが元気に健康に暮らす家作り
    *車椅子の方が快適に暮らすことのできる家
    *化学物質過敏症の方の住宅相談

    木の家設計室くわくわ

    住所:熊本県阿蘇郡高森町高森1330-6
    電話:0967-62-2524

  • 06

    持田 美沙子Misako Mochida

    2012年~2017年の5年間、五木村に在住し、五木村の森林林業振興を担ってきました。2021年5月、地域に根差した専門家のいる場「すまいともりのわ」を開設。専門家も地域の方もふらっと寄って語れる場です。お立ち寄りください。すまいのもり設計室 (2022年開設予定)

    すまいのもり設計室

    住所:大津町室115-4
    Mail:sumai.mori.wa@gmail.com

  • 07

    松下 修Osamu Matsushita

    何故、私は木組みの家にたどり着いたのか?何故、山と共に家をつくろうとしているのか?それは、ひとつの家づくりに過ぎないが、自然の素材が生活の中にあり、心地よく住みやすく美しい生活をしたいからです。家を創る側も建てる側の施主さんもひとつの人生観を表そうとしていますが、住まいの環境を見渡せば気候は荒れ、家は大雨で流され、地震に揺らされ、また経済に飲み込まれ社会性を失った住まいづくりの状態になっています。住まいのあり方と環境の変化に、どのように家づくりは向かって行けば良いのでしょうか。家づくりは自然や山づくり、住まいの在り方ともひと連なりです。複雑な社会の中にシンプルなつながり方を見つけて、楽しく住みやすい家づくりをしたいと思います。

    合同会社 松下生活研究所

    住所:熊本市東区山ノ神2-9-16
    電話:096-202-4136

    Mail:tsg@indigo.plala.or.jp
    Web:www.msk1985.social

工務店

  • 01

    藤本 誠一Seiichi Fujimoto

    京の町家の多く、木材(桁、梁)で飾った木組みの空間の構成美をうたったことばです。京の町家大工の手仕事に日本の建築職人の心意気と機能美を感じさせることばです。わたくし共、阿蘇を舞台に、熊本の気候に合った木造の家の構成美、機能美、を追求し、快適でしっくりくる熊本の準棟纂冪な木造建築を提案させていただければと願っております。

    株式会社藤本和想建築

    住所:阿蘇郡西原村大字布田834-30
    電話:096-279-1023

    Mail:info@f-waso.com
    Web:www.f-waso.com/

  • 02

    横谷 隆Takashi Yokotani

    建築一筋35年本音の話を伝えたい。長く新築住宅建築に携わる仕事をしてきました。その数1000棟超。私が手掛けてきた建物は100年後もその堅牢さを維持し続けているか?残念ながらその可能性は0%です。現、建築基準法の在来工法の建物は、その使用年数は40年足らずで大量のゴミになってしまうことが現実です。一方、築100年を超えて美しく、堅牢に、その時代の庶民の暮らしを伝える古民家があります。伝統建築と言われる工法の建物です。そして今後、少子高齢化で日本の規模はどんどん小さくなっていく事が明らかです。今の時代を生きるわたくし達が、次の世代のためにすべきことは?40年程度しか使えない住宅を増やす事でいいのでしょうか?家づくりについて、今一度本音の話をしませんか?

    再生住宅株式会社

    住所:山鹿市中715-1 原町ハイツ1
    電話:0968-36-9199

    Fax:0968-36-9199
    Mail:saisei@saiseij.jp

  • 03

    藤本 三郎Saburou Fujimoto

    建築一筋35年本音の話を伝えたい。長く新築住宅建築に携わる仕事をしてきました。その数1000棟超。私が手掛けてきた建物は100年後もその堅牢さを維持し続けているか?残念ながらその可能性は0%皆様は良い住まいとは?と問われてどう答えますか?家は習慣の学校で有り、父母は習慣の教師である!福澤諭吉の言葉です。習慣が人間の心と体に大きな影響力と感化力を及ぼし続けている事は、洋の東西を問わず偉人先人が教訓口伝に依って伝えてます。人生で半分以上を過ごす場所が住まいです‼️住まいが環境で習慣の場であるのですからその住まいが良い環境として、又、良い習慣が作られるように計画された住まいが良い住まい‼️所謂建物だけではなく、機能(ハード)+環境(ソフト、ヒューマニティー)という観点で捉えるべきである。定義、目的、役割、がこの業界には、見当たらない不可解さが有ります‼️何故?誰の、今、を考えた。幸せ!が永く続く!幸せが持続可能な住まいの環境は、間どり(間の取り方)と素材で決まります‼️

    株式会社フジサンプラニング

    住所:熊本市東区東野2丁目16−7
    電話:096-365-6812

    Mail:saburou824@docomo.ne.jp
    Web:www.fujisanplan.net/

建材店

  • 01

    五木村山村活性化協議会Itsukimura

    五木の冷涼な気候の中で育った杉は、目が詰まって美しく丈夫だと評判がいいです。さらに、葉枯らし天然乾燥することで、色・艶・香りを良くし耐久性・防腐性を高めております。先人が守ってきたこの美しい森の恵みを世に送り出したい、人と自然の温かなつながりを次世代に受け渡して行きたいと思っております。

    五木村山村活性化協議会

    住所:球磨郡五木村甲 2672-33
    電話:0966-37-2314

    Web:www.kinomura-itsuki.life/
    Mail:info@kinomura-itsuki.life

  • 02

    高木 義治Yoshiharu Takagi

    「風が吹けば、桶屋が儲かる」と言うように直接は何の関係もないようなことでも、何かしら影響を受けているということわざです。目には見えない想いや繋がりを大切にしたいとのおもいから本当に大切にしたい「ひと・こと・もの」自分自身も含めて素直な心でありのままに見、ありのままに行動することこそが一番大切だと思います。そこで地球環境に大きく貢献している木「もくさん」の詩を創ってみました。木は人に安らぎを与えてくれます。木は水・空気・土までも創ってくれます。この神さまのような木の本来持っている特性を活かし、本来の循環型材で家族の幸せを育む巣を「住まい」をご一緒に創りませんか?ここち良い「風」になれるようにとの想いから僕たちのグループが結成されました。ご賛同いただければ幸いです。最後まで読んで頂き有難うございます。

    有限会社進星東部センター

    住所:熊本市東区榎町18−35
    電話:096-369-6355

    Fax:096-369-6304
    Mail:sinseitoubu1@jcom.zaq.ne.jp

矢印アイコン

return to top